送別会には欠かせない『花束』について調べてみました。

みなさんこんにちは。オーダーメイド退職祝い“栄光のあゆみ”管理人です。

今日は、送別会には欠かせない『花束』について調べてみました。

異動や昇進の送別会・退職パーティーで花束を贈ることは定番になっていますね。調べてみると予算は3,000円~5,000円の花束が多く贈られているようです。

花束は鮮度が大事なので送別会や退職パーティー当日に購入し受け取ることが大切です。

贈呈用の花束は、送別会や退職パーティーの幹事様が用意しますが、どんな花を選べばよいかわからないときや、忙しい時は花屋さんに電話して、用途・予算・日にち・会場を伝えると、季節に合った花束を用意してくれます。またほとんどの花屋さんが会場に届けてくれます。ただし、年末や年度末などは花屋さんも繁忙期のため急な注文に対応できないことがあるようなので、余裕をもって予約する必要があります。飲み屋街に花屋さんが多くあるのはこういった理由があるようです。

また、具体的に花束を受け取る側の人の、性格・好きな色などを伝えると、その人に合った花束を花屋さんが提案してくれるようです。TVでやっていましたが、あまり花言葉に関しては気にしない方がいいようです。

社会人になれば、送別会にかかわらず歓迎会・慰労会・忘年会などで幹事を務め、花束を用意する機会は少なからずあると思いますが、プライベートになるとそんなに花束を購入することって多くないのではないでしょうか?

ちなみに、今まで人生の中で花束を贈ったり、贈られたりしたことはありますか?

私自身、プライベートで花束を贈ったことは数えるほどで、毎年決まった記念日に贈る習慣がありません。当然、世間の方たちも同じだろうと思っていたのですが、一般社団法人花の国日本協議会が行った『<花と恋愛の相関図>全国男女1,000人の花贈り意識調査』によると、近年若い世代の男性で花束を贈る習慣が増加傾向にあるようです。

参考

<花と恋愛の相関図> 全国男女1,000人の花贈り意識調査

一般社団法人花の国日本協議会

20代~30代へのアンケートでは、過去1年間に贈呈用の花束を購入する率が約半数を超えています。最も多いシーンはパートナーの誕生日、続いて結婚記念日になります。アンケートによると若い人たちを中心に、様々なライフイベントで花束を贈る習慣が増加傾向にあるようです。

最近ではネットで注文できる花屋さんもあり、こちらも増加中のようです。理由は「わざわざ花屋さんに足を運ばなくても立派な花束が購入できる」や「価格帯別で様々な花束の種類を見ることができる」などのようです。実際、花屋に行って花束を購入する割合は約8割。残りの2割の方はネットなどで注文するようです。

送迎会や退職パーティー。プライベートでのライフイベントなど様々なタイミングで活躍する『花束』。

私自身、次回購入するときはもう少し、花の種類や色・季節に合わせた花束をチョイスしたいと思います。

今回の記事が、少しでもお客様のお役に立てればと思います。 それでは失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です